イラスト01

平成17年1月号  


市場事務所便り
社会保険労務士 市場 敬將 

 
   ご連絡先:〒381−1231  
   長野市松代町松代 908
     電話:026-278-3555 FAX:026-278-3540
     e−mail:ima@ichiba-sr.com
   URL:www.ichiba-sr.com

保険料の節約法

 年金改正で2004年10月より会社員の厚生年金保険料が年収の13.934%に上がりました。保険料率は毎年上がり続け、2017年には18.3%になります。
 日本経団連の試算では、保険料が15%になると資本金500万円以上1,000万円未満の中小企業の最終利益は全体で赤字になるとのことです。このように、負担増ははっきりしているのに、年金の将来像は明確ではないのです。なんとかならないのか、防衛策に走る企業も出てきました。
 そのひとつが、確定拠出年金(日本版401K)の活用です。
 確定拠出年金の非課税限度額が1万円増えて、月4万6,000円になりました。掛金を増やして給与を減らせば、給与に比例して上がる厚生年金の保険料は抑えられます。
 ある会社では、月給から確定拠出年金の掛金にいくら回すかを自分で決められる制度にしたところ、若手社員のほとんどが上限いっぱいまで増額して、同社の担当者を驚かせました。
 ところで、従来の確定拠出金の限度額を前払い一時金として給与に上乗せして支払ってきた会社では、「前払い退職金は給与とみなす」という厚生労働省の通 知によって、保険料節約の意味がなくなってしまいました。このため、同社も、支出を抑えるために、前払い退職金分を確定拠出年金の掛金に切り替えたのです。ただし、この節約法も目先ではOKでも、長期的に見て会社が401Kを抱え込むリスクを考えると節約法と言えるのか疑問は残ります。
 また、事業協同組合を活用した保険料の節約策もあります。これは、システムエンジニアなどの技術者が共同で仕事を受注するための事業協同組合です。組合に派遣社員として働いていた技術者を移し、身分を会社員から個人事業主に変えることで、本来ならば派遣社員の厚生年金保険料の半分は雇い主である派遣会社の負担となるところが、国民年金に移ることになり、派遣会社は保険料を負担しなくてよいことになります。国民年金の方が、会社負担も個人負担も軽いのです。企業や従業員が、覚悟を決めて負担を受け入れようとする年金制度になればいいのですが、当分この動きは止まりそうにありません。


市場化テスト

 国民年金保険料の納付率は低く、6割程度です。2004年11月下旬、社会保険庁は、年金保険料の未納対策を強化するために、徴収業務を民間に開放する方針を固めました。
 2005年4月にも一部地域を対象に実施、効果をみながら順次実施地域を広げる考えです。
 それとは別に、政府は05年度開始を目指す官民競争入札(市場化テスト)のモデル事業で、社会保険庁と公共職業安定所について、業務を丸ごと入札にかける方向で検討に入っています。
 市場化テストとは、公共サービスの提供者を官民が対等に、入札で決める仕組みをいいます。
 民間が入札した場合、その仕事に就いていた公務員は、別 部門や他の役所、落札した企業に移ることになります。
 社会保険庁の保険料徴収や年金相談業務には、社会保険労務士法人をグループに持つ大手専門学校や債権回収会社などが立候補しており、公共職業安定所には、人材派遣会社などが立候補しています。
 保険料の徴収業務は、未納者に電話や個別訪問で督促し徴収するほか、悪質な未納者には資産差し押さえなど強制徴収を実施する予定です。今回、社会保険庁が自主的に民間開放するのは、強制徴収を除く徴収業務と窓口などで年金に関する様々な相談を受ける業務です。これまで社会保険庁は、権限の縮小や人員削減問題から民間開放に消極的でしたが、上記業務については民間開放する方針を決めました。今後は、民間のノウハウを活かした公的年金の改革が進むといいですね。


ビジネスマンが重視するもの

 日本経済新聞社が今年の6月に発表した2004年「働きやすい会社」調査はご記憶されていますか。以下に概要をまとめましたので、来期の事業計画や人事方針等を検討される際に参考にしてください。
 ビジネスマンは「仕事のやりがい」・「適度な労働時間」・「高い賃金」の3つにどう優先順位 をつけているか、という意識調査が行われ、60.9%のビジネスマンが「仕事のやりがい」を1番に優先しているという結果 が出ました。
 会社が、社員に能力を発揮してもらい、より精度の高い仕事を求めるのであれば、単に給料を支払うだけでなく、社員自身がさらに意欲をもって仕事に取り組むことができるような仕組みづくりが、今後、重要になってくるのではないでしょうか。


今月のことば
イラスト02

 知らないうちに、私たちは何かの奴隷になってないだろうか?
 一家の大黒柱である父親たるあなたは、家族の生活費を稼ぐためにひたすら会社と家を往復し、また母親たるあなたは大切な家族が快適に過ごせるようにと日々家事に追われる。そして子供たちは、世間一般 に名の通ったよいとされる大学に入れるよう、その先の目的意識をもたず黙々と勉強する。
 子供部屋を持つのが一般的になった住宅事情では、家族とは名ばかりの、実態は同居人の寄り合いで、お互いの生活に関心も薄い。日常にこれといった喜びも見出せず、皆半ばあきらめモードで、与えられた課題をこなすことだけに精を出す毎日。
 このような状況では、父親は家族と仕事の、母親は家族の、そして子供は勉強の、奴隷と化しているといえよう。しかし、私たちは奴隷ではない。また奴隷になってもいけない。目的意識を持ち、自助の精神を基調とした主体的な生き方をしなければ、本当の幸せを手に入れることはできない。
 自分を犠牲にして人のために何かをするというのは、ちょっとした美談に聞こえるが、使命感に徹したよほど献身的な精神の持ち主でなければ、こうした行為はそう長続きしない。なぜなら「してやっている」という驕りがしだいに頭をもたげるようになり、相手に対して無制限の感謝を要求するのがおちだからだ。これでは、相手もたまったものではない。当然のことながら、感情の行き違いから衝突が起こり、悩み苦しんだ末に、健康に障害を来たしたりもする。
 一方、私たちが自発的にしたいことをさせてもらっていると考える習慣を身につけることができれば、相手に対して不当な見返りを期待しない。むしろ、その行為をすること自体に、感謝の念を抱くようになる。
 どうせしなければならないことなら、このように考えて行動したほうが、するほうもされるほうもともに素直で幸せな気分でいられるだろう。
 私たちは視点を変えることと、良い習慣を身につけることで、随分楽な生き方をすることができる。くれぐれも何かの奴隷になってはいけない。
ただ一つ、「よい習慣の奴隷」を除いては。

                       【負けず嫌いの哲学】より
                       『良い習慣の奴隷になる』


〜当事務所より一言〜

 新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。
 皆様方は今年をどんな一年にしようとお考えでしょうか? 大きな目標に向かって、すでにスタートされた方もいらっしゃるでしょう。
 「わかもとの知恵」という本のあとがきにこんな一文がありました。
『昔の人は、どうしても解決できないむすかしいことが起こると、「ひと晩よく寝て、考えてみよう」なんて言ったものなんだ。これは正しい。睡眠というのは、心の底にある、自分でも気づかなかったことを思い出させてくれる働きもするんだよ。だから偉大な発明や発見は、目ざめたときや、夢の中で起こることが多いんだ。そんなたいしたことではなくても、頭を休めたり、眠ったりすることが、ものごとを教えてくれることは、知っていたほうがいいだろう。』
 忙しい毎日の中で、すべてに全力投球ではなく、ちょっと休んだり回り道をしたりしながら、自分の夢に近づいていこうと思います。「よく寝るな」と主人に文句を言われたら、「寝るのも大切」と大きな声で言い返しながら…。

 
イラスト03
  担当:市村