イラスト01

平成20年2月号  



市場事務所便り

ご連絡先:〒381−1231
社会保険労務士 市場 敬將
 
長野市松代町松代 908
 
電話:026-278-3555 FAX:026-278-3540
e−mail:ima@ichiba-sr.com  URL:http://www.ichiba-sr.com


 

まもなく施行される「改正パートタイム労働法」

◆4月1日から施行
 改正パートタイム労働法(短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律)が、4月1日から施行されます。

◆「パートタイム労働者」とは?
 パートタイム労働法の対象である「短時間労働者」(パートタイム労働者)は、「1週間の所定労働時間が、同一の事業所に雇用される通 常の労働者の1週間における所定労働時間に比べて短い労働者」とされています。 例えば、「パートタイマー」「アルバイト」「嘱託」「契約社員」「臨時社員」「準社員」など呼び方は異なっても、この条件に当てはまる労働者であれば「パートタイム労働者」としてパートタイム労働法の対象となります。

イラスト02   

◆改正パートタイム労働法の概要
1.労働条件の文書交付等
2.待遇の決定についての説明義務
3.均衡のとれた待遇の確保の推進
4.通常の労働者への転換の推進
5.苦情処理・紛争解決の援助
 3.については、パートタイム労働者の待遇を通常の労働者との働き方の違いに応じて均衡(バランス)を図るための措置を講じる内容です。 具体的には、「職務の内容(業務の内容および責任の程度)」「人材活用の仕組みや運用など」「契約期間」の3つの要件が通 常の労働者と同じかどうかにより、賃金、教育訓練、福利厚生などの待遇の取扱いについて規定しています。

イラスト03   

◆「差別的取扱いの禁止」とは?
 「職務の内容(業務の内容および責任の程度)」が同じ、「人材活用の仕組みや運用(人事異動の有無および範囲)など」が全雇用期間を通 じて同じ、「契約期間」が実質的に無期契約となっているパートタイム労働者は、 通常の労働者と就業の状態が同じと判断され、賃金の決定をはじめ教育訓練の実施、福利厚生施設の利用、その他のすべての待遇について、パートタイム労働者であることを理由に差別 的に取り扱うことが禁止されます。 「人材活用の仕組みや運用などが全雇用期間を通 じて同じ」とは、パートタイム労働者が通常の労働者と職務が同一になってから、退職までの期間において、事業所の人事システムから判断して同じ、となる場合です。 「契約期間が実質的に無期契約」とは、期間の定めのない労働契約を結んでいる場合や、期間を定めて労働契約を結んでいても、期間の定めのない労働契約と同視することが社会通 念上相当とされる場合などです。


「国民年金任意加入」の損得勘定
イラスト04

◆団塊世代の老後の資産形成
 会社人生が終わりつつある団塊世代の男性が老後の資産づくりに躍起になっています。専業主婦だった妻も人ごとではありません。「自分のお金を少しでも有利に運用したい」という思いから、国民年金の「任意加入」が注目されています。ただ、金融商品と公的年金では仕組みが異なりますので、注意が必要になります。

◆国民年金任意加入の損得
 仮に、年上の夫が定年退職し、専業主婦だった妻のA子さん(57歳)が、国民年金の「第3号被保険者」という立場から外れ、あと3年保険料を払って国民年金に加入しなければならなくなったとします。この3年とかつての国民年金の任意加入時代に6年加入した分を合わせて保険料を払う期間は9年になります。
 「第3号」期間が22年で、60歳になった時点で合計加入期間は31年、65歳からの老齢基礎年金(加算を含まず)は年約61万円になります。「もうちょっと増やせないか」と考えたとき、65歳になるまで国民年金に任意加入できることを知りました。任意加入分だけ年金も増えますが、そこで気になることが出てきました。

◆何歳まで生きれば払った保険料の元が取れる?
 例えば60歳以降で5年任意加入(5年分の保険料約84万円)すると、65歳からの年金は約71万円になり、73歳を少し超えて長生きすれば得になります。ただ、任意加入しても65歳からの年金を貰う前に死亡すると悲劇です。4年任意加入した時点でA子さんが亡くなったとすると、保険料を払った期間が計13年なので、夫に死亡一時金12万円が払われます。A子さんが任意加入せずに64歳で亡くなって場合の保険料納付期間は9年になり、このときの一時金も12万円です。4年分の保険料約67万円は水の泡になってしまいます。
 金融商品でも損失が出るリスクはありますが、一般的には資産が残ります。しかし、公的年金は「相互扶助」が原則なので、払った分に見合う金額が必ず戻るとは限りません。
 公的年金は原則25年、制度に加入しないと老後の年金はもらえないので、すでにこの要件を満たしているとき、さらに任意加入するかどうか検討するときには、公的年金のこのような仕組みも知っておきたいところです。 経済的にゆとりがあるなら、任意加入する分を投資に回したり、貯蓄に回したりしたほうがいいかもしれません。

イラスト05   


実現されるか? 年金負担の平等化
イラスト06

◆基礎年金の税方式化とは?
 納付率の低下や年金記録漏れ問題などにより、基礎年金の保険料を徴収する現行の「社会保険方式」への国民の信頼が失われつつあります。制度の維持が難しくなっているなか、解決策として、消費税で賄う「基礎年金の税方式化」が検討されています。

◆税方式にするとどんなメリットがある?
 年金制度改革研究会が、税方式の案の利点であるとして提案している「共通年金(厚生・共済年金の基礎年金部分を含む国民年金を65歳以上の人に原則同じ額だけ給付するというもの)」は、1.財源を保険料から消費税に転換して徴収、2.国内居住10年で受給権が発生、3.移行期間は新旧両制度から加入期間に応じて給付するなどの特徴があります。
 大きな利点の1つは、現行制度の存続を危うくしている未納・未加入の問題をほぼ解消できることです。年金記録の管理も単純になり、記録漏れ問題の是正も期待できます。例えば、日本に最低10年間居住すれば誰でも年金を受け取れるようになると、「国民皆年金」の姿に近くなります。40年で満額となるように居住期間に比例して支給する方法を想定しています。
 現行の基礎年金制度は保険料を納めた期間に応じて受給額が決まります。最低加入期間の25年(保険料を免除、猶予された期間も含む)に1カ月でも届かなければ無年金となります。満額を受給するには40年間、保険料を払い続けなければならないのが原則です。
 居住年数に応じて給付を受けられるようになれば、専業主婦やフリーターなど雇用形態や生活様式の多様性にも柔軟に対応できます。また、受給要件を拠出期間25年から例えば居住期間10年にすることで、無年金者を救う効果も期待しています。
 現行制度の「社会保険方式」も年間約19兆4,000億円の給付額の3分の1近くはすでに税に依存しています。「税方式」への転換は、残りの12兆円の保険料負担をなくす代わりに税に置き換える方法です。

イラスト07   

◆世代間の不公平感解消にもなるが…
 日本で生活している限り、必ず消費税の負担が生じます。高齢者も相応の負担をするので、現行制度に比べて世代間の公平さの面 で優れていますが、半面、年金受給者の側からみれば、引退後も消費税の形で年金制度に追加拠出することになるので、年金の受給額が実質的に減ってしまいます。
 給付と負担の関係も不明確となり、「生活保護」と似た性格を持つことも問題となり得ます。最低10年居住を受給条件とすれば、現行制度に比べて財源が膨らむ可能性もあります。 いずれにしろ、国民の負担は免れないのであれば、政府のスリム化、企業の効率化を通 じて、国民が安心してお金を消費に回せるように、社会保障全体の信頼を高めなければなりません。


今月のことば
イラスト08

 人が生まれながらに平等だとしたら、金銭があるなしで環境が変わるなんてことは止めて、全部公団住宅にしなきゃいけないよね。新幹線のグリーン車なんか廃止する。大学だって偏差値で決めるなんて変なんだ。そういう矛盾だらけの体制のなかで、個性を伸ばそうとしたら、変な個性しか伸びないよ。
 昔の先生がよく言ってた「何でもいいから一番になれ」という言葉を勘違いしている。「何でもいいから」というのは、「役に立つことは何でもいいから」という意味なんだよ。それを、「オレ、学校で一番になった。 座高で一位なんだ」なんてえばってるやつがいる。何でもいいからって、座高でクラスで一番になってどうするんだ。
 バカな学者が「価値の多様化時代」なんていうから、見世物と文化的価値があるものを勘違いして、何でも一番になりゃいいだろうと思っている。だから、でんぐり返し日本一とか、後ろ歩きチャンピオンだとか、何の意味も無いやつが大きな顔して出てくる。
 そういうものをくだらないと言い切ったり、認識する力がなくなっているから困るんだよ。

ビートたけし 著 
『やっぱり私は嫌われる』より抜粋 


〜当事務所より一言〜

 昨年2007年を象徴する漢字は偽装の『偽』ということでしたが、今年1年も益々新たな偽装が発覚しそうな予感がする今日この頃です。食品偽装などは消費者を騙す赦しがたい罪ですが、罪のない偽装なら私の周りにもたくさんあります。
 たとえば自分の化粧(特にアイメーク)が年々濃くなっていくこと。これも立派な偽装。
 子供の学校行事などで、これ見よがしに仲良し夫婦や仲良し親子を見せ付ける家族もたいていが偽装家族。周りに聞こえよがしに何度も夫(子供)を褒める妻(母)。よその子をこれ見よがしに大声であやす夫。べったり寄り添って歩く夫婦。 その場面しか知らない人に『いつも仲がいいね』などと言われることを望んでいます。その家族の実状を知っているだけに痛々しさが伝わってきます。
 偽装とは実情の悪さを隠そうと必死でつく嘘のことです。対策としては過剰なアピールをしてくる者に対し、胡散臭さを感じる心を忘れないこと。
 けれど罪のない偽装なら見抜いていても気づかない振りをしてあげてもいいかなとも思う今日この頃でもあります。

(池亀) 

 

イラスト09